晴耕雨読

現役の税理士が教えるお金の貯め方、増やし方のブログです!

MENU

新元号『令和』の発表、そして平成最後の月のスタート

f:id:zeirishi-kondo:20190402100540p:plain


昨日から新年度がスタートしました。 

 

平成31年4月は平成最後の月となります。

 

そして昨日は、5月からの新元号が1ヶ月前倒しで発表されましたね。

 

元号令和です。

 

昭和の『和』が使われていましたので、最初⁇と思いましたが、万葉集からの引用と聞いて、なるほどと納得しました。

 

1日経ったらなんかいい感じに思えてきました。不思議です・・・

 

昨日夕方、最近お会いしてない知り合いの方からメールをいただきました。

f:id:zeirishi-kondo:20190402101128j:plain

 

昨日から令和が始まったと勘違いしていらっしゃるようです・・・笑


この方には返信して、やんわりと間違えていることを教えてあげました。

 

皆さんは大丈夫かと思いますが、ニュースにもなっていましたので、気を付けてくださいね!

 

ところで、昨日2019年4月1日から変更になったことがいくつかありますので、ピックアップしてみたいと思います。

 

年5日間の年次有給休暇の取得の義務化

まず、一つ目は働き方改革の一環で、年10日以上の年次有給休暇が付与されている労働者に対し、年5日間の年次有給休暇の取得が義務化されました。

 

今回の改正は、正社員だけでなく、年10日以上の有給休暇が付与されるパートタイマーも対象となります。

経営者の方やドクターなどの個人事業主の方はご注意ください。

 

具体的には、労働時間が1週間に30時間以上であるパートタイマーや、1週間に30時間未満であっても1週間の労働日数が5日以上のパートタイマーは、今回改正の有給休暇取得義務化の対象となります。

 

また、勤務年数によっては、1週間の労働日数が5日未満であっても、有休取得義務化の対象となるパートターマーもいます。

 

詳しくは、次の図をご覧ください。

 

f:id:zeirishi-kondo:20190402102609p:plain

引用元☞「年5日の年次有給休暇の確実な取得 わかりやすい解説」厚生生労働省他

 

罰則規定もあります。

雇用主が違反した場合には、労働基準法第120条により30万円以下の罰則が科されます。経営者の皆さんご注意くださいね。

 

ゆうちょ銀行の預入限度額の変更

昨日より、ゆうちょ銀行の預入限度額が1,300万円から2,600万円にアップしました。

3年前までは1,000万円が限度でしたから、短期間で1,000万円⇒1,300万円⇒2,600万円と限度額がアップしたことになります。

 

但し、通常貯金定期性貯金の預入限度がそれぞれ1,300万円、合計2,600万円となります。

今までのように両者合算での限度額の判定ではありませんので注意が必要です

 

年金についての変更

 国民年金の保険料が4月より16,410円(70円アップ)となりました。

 

一方、原則65才から受け取れる老齢基礎年金については、満額で年780,100円(800円アップ)となりました。

 

尚、国民年金は老後に受け取るときには老齢基礎年金と名前が変わります。

 

つまり、払うときは国民年金、老後に年金を受け取るときは老齢基礎年金です。

 

あとがき

昨日から新年度がスタートしています。

 

あと、昨日は何と言っても新元号の発表でした。

 

『令和』いいですね。

 

実は、昨日から変更になった点については、他にも色々ありますが、5日間の有給取得の件と、お金に関係のある重要な変更をピックアップしてお伝えしました。

 

しつこいですが、令和は来月からですよ…笑

 

今日お伝えした記事が皆さんのお役に立つ情報でしたら嬉しいです。