晴耕雨読

現役の税理士が教えるお金の貯め方、増やし方のブログです!

MENU

日本橋にある金運アップの神社

神社参拝の大切さ

 

今日から4月ですね。

 

皆さんは月の初めの日に神社に参拝されていらっしゃいますか?

 

僕のお客様で大成功されている社長さんがいらっしゃるのですが、毎月1日と15日に必ず神社に参拝されています。

 

その方から神社参拝のお話をお聞きしてから、僕も毎月1日は神社に参拝するようになりました。(15日は行けるときにだけ参拝してます…)

 

神社は、自宅のある土地の氏神様が一番重要らしいのですが、オフィスのある土地の氏神様も大事です。

 

このため、毎月1日は自宅近くの神社だけでなく、オフィスの近くの神社にも参拝しています。

 

ところで、僕のオフィスの近くに金運アップ強運厄除けで有名な小網神社があります。

 

今日も参拝してきました。 

 

f:id:zeirishi-kondo:20190401114801j:plain

一礼して鳥居をくぐります。

f:id:zeirishi-kondo:20190401115013j:plain

まずは手洗い場で禊(みそぎ)をするため、左手、右手を洗い、口をゆすぎます。

水の神様である龍が鎮座しています。

f:id:zeirishi-kondo:20190401115203j:plain

次にお賽銭を入れて二拝ニ拍手一拝(二礼二拍一礼)で参拝です。

今日のお賽銭は、運気アップのため、55円(GO!GO!)にしました・・・笑。

お賽銭は、5円(ご縁)や115円(いいご縁)など有名ですね。

 

拝殿を正面から撮影するのは神様に失礼になりますので、斜めから撮影しました。

f:id:zeirishi-kondo:20190401120031j:plain

拝殿の上の左右の柱に龍が彫られています。

f:id:zeirishi-kondo:20190401120036j:plain

f:id:zeirishi-kondo:20190401120044j:plain

 

小網神社について

小網神社は東京日本橋にある神社でスピリチャルの人の間では結構有名な神社です。

とても小さい神社なのですが混んでいることが多いです。

 

強運厄除けの神社と言われる理由

小網神社が強運厄除けの神社と言われている理由については、小網神社のホームページに次のように記載されています。

第二次世界大戦の際、戦地へ赴くことになった氏子の出征兵士に対し行った出征奉告祭に参列し、当神社の御守を受けた兵士が全員生還されました。

また、昭和20年3月10日、東京下町地区に未曾有の災害をもたらした東京大空襲の際は、社殿を含む境内建物は奇跡的に戦災を免れています。旧社殿は大正12年9月1日の関東大震災において倒壊しましたが、当時の宮司稲荷大神や弁財天等の御神体を抱え、近くの新大橋に避難しました。そこへ大挙して避難してきた人々に混乱がなく、また新大橋自体も落ちずに、大勢の人が助かったといわれています。当時の様子は新大橋の袂にある避難記念碑にも「小網神社御神体を伏して拝み、加護を願った」と記されています。

 つまり、第二次世界大戦の際にお参りして戦地に行った人が全員無事に帰ってきたことと、第二次世界大戦東京大空襲の際も被害がなかったというこの2点が、強運厄除け神社と言われる所以(ゆえん)です。

 

御祭神について

小網神社の御祭神は、次のように倉稲魂神市杵島姫神、福禄寿となります。

f:id:zeirishi-kondo:20190401124015p:plain

引用元:小網神社

市杵島姫神は弁財天ですからお金の神様ですね。つまり金運アップという訳です。

ここの神社は銭洗い弁天としても有名です。

 

銭洗いの場所には弁財天さまがいらっしゃいます。

f:id:zeirishi-kondo:20190401124601j:plain

洗ったお金は使わずに持ち歩くといいとか・・・笑

また、鳥居をくぐったすぐ左横には福禄寿さまがいらっしゃいます。

f:id:zeirishi-kondo:20190401124930j:plain

福禄寿は福徳・人徳・健康・長寿の神様です。

帰りに福禄寿さまにもご挨拶しました。

 

小網神社へのアクセス

東京都中央区日本橋小網町16-23 TEL:03-3668-1080 

 

今日は金運アップ、強運厄除けの神社と言われている小網神社を紹介しました。

 

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。