晴耕雨読

現役の税理士が教えるお金の貯め方、増やし方のブログです!

MENU

10年で年収の2倍の貯金をする方法

マネーコンサルタント税理士の晴耕雨読です。

 

今日もご訪問頂き、ありがとうございます!!

 

 

まず、皆さんに質問です。


貯金預金の違いって、何でしょうか?

 

 

答えは…

 

貯金は、郵便局、つまり、ゆうちょ銀行に預けるお金のことを言います。

 

一方、預金は、銀行に預けるお金のことを言います。

 

一緒に合わせて預貯金(よちょきん)なんて言ったりします。


ほとんどの皆さんは、おそらく小さい頃から、貯金という言葉を普通に使っているのではないでしょうか?

 

一般の人はあんまり預金するとは言わないですよね?
多分銀行員くらいです・・・笑

 

ですので、こちらのブログでは貯金と預金の違いを分かったうえで、一般的に使われている貯金という言葉を使って行きたいと思います。

 


ところで本題です。

10年で年収の2倍の貯金をするにはどうしたらいいでしょうか??

f:id:zeirishi-kondo:20190320185512p:plain

 

答えは簡単です。

 

それは・・・

年収の20%を毎年貯金すればいいのです。

 

例えば年収500万円の人なら毎年100万円貯金するのです。

そうすれば100万円×10年となり、
10年で1,000万円(年収の2倍)貯まります。

 

 

年収1,000万円の人なら毎年200万円貯金するのです。

そうすれば200万円×10年となり

10年で2,000万円(年収の2倍)貯まります。

 

 

実はこれと同じような考え方が本多静六さん私の財産告白という方の本に書かれています。

 

この本には、なんと毎月25%貯金すると書かれていました。

この本はお金を貯めるのに、とっても参考になりますので一度読んでみてください。

 

ちなみに僕は3回読みましたよ。 

 

f:id:zeirishi-kondo:20190320234659p:plain

 

本多静六さんの方法は、簡単に言うと

①1/4を強制的に貯金する

②臨時収入は全額貯金する、つまりボーナスは全額貯金する

③現金取引が基本、カードは使わないなど

他にも、とっても参考になることが書かれています。

 

 

お金を貯めるには何か目標があった方がいいと思います。

例えば

家を購入する頭金にするとか・・・

老後の生活資金にするとか・・・

なぜなら、何か目標があった方がモチベーションが長続きするからです。

 

 

とは言っても、現実問題として年収の20%を貯金するのは、なかなか容易なことではないと思います・・・

 

年収の20%を貯金するのは、どうしても厳しいという人は、

とりあえず年収の10%を貯金することから始めてみましょう。

そうすれば10年で年収と同じ金額の貯金をすることができます。

 

 

今日はお金の貯めるというお話でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。